デヴィッド・ベッカム、いつの間に!? 薄毛になった姿に衝撃走る

ロンドンから北西約200kmに位置する丘陵地帯コッツウォルズの別荘に家族と滞在しているデヴィッド・ベッカム(45)。日曜日、街にショッピングへ出かけたところをキャッチされたのですが、その姿に衝撃!! 以前と比べて髪の毛が非常に薄くなり、地肌が透けて見えてしまっています。

Daily Mail」によると、デヴィッドは地元のデリを長女ハーパーちゃん(8)と一緒に訪れたのだそう。最近、プライベートでは帽子をかぶっていることが多いのですが、この日は帽子なしでのお出かけでした。

David Beckham Instagram
昨年10月、「Haig Club」の広告でのデヴィッド・ベッカム。

2019年10月、自身のウィスキーブランド「Haig Club」の広告では、フサフサとしたヘアだったデヴィッド。7月に行われたウィンブルドンの試合を観戦した際も同様でした。

2012年、デヴィッドは植毛することについて「何の問題もない」「でも、個人的にはそうしたいとは思わない。もし薄くなる兆候が見られたら、剃るだろうね」と語っていました。

ちなみに最近、デヴィッドの親しい友人でマドンナ(61)の元夫ガイ・リッチー(51)に植毛の噂が浮上。2010年の写真と比べて、明らかに生え際が広がりフサフサになっていることから、何らかの処置を行ったのは明白だといわれています。

もし仮に、デヴィッドも何らかの処置を行っていたとしたら、昨年のフサフサヘアにも合点がいきますが、なぜここにきて急に減ったのかは謎。ロックダウンで何か不都合が生じたのでしょうか。

ページ上部へ戻る