ブルックリン・ベッカム(21)が自ら撮影したポートレートで英誌『ICON』の表紙を飾りました。

Brooklyn Beckham Instagram
スクリーンショット 2020-03-26 19.48.15
▲英誌『ICON』の表紙を飾ったブルックリン・ベッカム。


表紙は2パターンあり、ブラックのジャケットを着用したシャープな印象のものと、白のスーツにピンクのシャツを合わせた柔らかめの印象のもの。爪には水色のネイルを施しているなど、モデルとしての個性もアピール。

Brooklyn Beckham Instagram
スクリーンショット 2020-03-26 19.48.33


ニューヨークの大学「パーソンズ・スクール・オブ・デザイン」に入学するも、ホームシックになり退学してイギリスに帰ってきたブルックリン。フォトグラファーとしては、自身の写真集を出版したり、父デヴィッド・ベッカム(44)のアイウエアブランド「EYEWEAR by DAVID BECKHAM」のキャンペーン映像の撮影を担当するなど、華々しいキャリアがありますが、両親絡みの仕事が多いため、親の七光りと言われることも少なくありません。

今回の表紙の仕事に関してネット上では「デヴィッドはいくら払ったんだろうね」「彼は大学をドロップアウトしたんだよね。厳しいな」との意見も。21歳ですから、まだまだこれから...?