90年代に世界中で人気を博したドラマ『ベイウォッチ』に出演するなど、女優として活躍していたドナ・デリコ(51)。元プレイメイトでロックバンド「モトリー・クルー」のベーシスト、ニッキー・シックス(61)の元妻でもある彼女は、90年代のセクシーアイコン的な存在でした。

Donna D'Errico Instagram
スクリーンショット 2020-02-20 09.23.15
▲ドナ・デリコ。

現在はアニマル・アクティビストとしても活動。そして先日、チャリティーのためにボディペインティングを施したセクシー写真をインスタグラムで公開しました。

この写真はプリントされ、PaintedPrincess.comで限定10部が販売。その利益の全てが、世界中の人身売買の被害者を支援する団体「A21」に寄付されるのだそう。

赤のペンキで隠れてはいますが、豊満なバストに引き締まったウエストと、スタイルの良さが際立っています。何より驚くのは、彼女の年齢が51歳(!!)だということ。張りのある肌は30代どころか、20代にしか見えません。

写真にある程度の修正が施されていることを差し引いても、このルックスは驚異的!!!!

約20年前に撮影されたという赤の水着を着た彼女自身の写真と比べても、むしろ若がっているほど。

そんな彼女、2017年には全身の脂肪吸引などの美容整形手術を受けたことをオープンに。また、今年に入ってフェイスリフト手術を受けたとも報じられています。

そこで、黒レースのトップスを着た写真に注目してみると、顔はどう見ても20代ですが、手を見ると年相応。マドンナ(61)が顔と手のギャップを指摘されてきたように、彼女もまたこのギャップを埋めるのは難しいのかもしれません。


Donna D'Errico Instagram
スクリーンショット 2020-02-20 09.20.28