新型コロナウイルスの感染拡大により、日本では街行く人の多くがマスクを着用。しかし欧米では、そもそも予防という見地から、街中でマスクを着用する人がほとんどおらず、現在でもその状態に大きな変化はない模様です。そんななか、あるセレブのマスク姿が「Daily Mail」で報じられました。

Joel Madden Instagram
スクリーンショット 2020-02-18 17.44.45
▲ニコール・リッチーとジョエル・マッデン。
”コロナウィルスへの恐怖が高まるなか、サージカル・マスクと手袋を着用して、子供達をディズニーランドへ連れて行った”と見出しでうたわれているのが、ニコール・リッチー(38)と夫ジョエル・マッデン(40)です。



子供達を連れて彼らが訪れたのは、アメリカ・ロサンゼルスにあるディズニーランド。ニコールもジョエルもそれぞれずっと装着していたというわけではなく、パパラッチされた写真でも他のシーンでは何も着けていない状態でアトラクションを楽しんでいました。

アメリカではインフルエンザが流行していることから、多くの人が訪れる場所ではインフルエンザへの感染にも用心しているのかもしれません。

ニコールのゴム手袋はかなり神経質になっているようにも見えますが、実は彼女、普段から除菌には気を使うタイプ。飛行機に搭乗する際、ゴム手袋を装着して、テーブルや窓をウエットティッシュで拭いているのです。その様子を収めた映像を、以前ハイディ・クルム(46)がインスタグラムに投稿。ハイディは「やりすぎだわ」とコメントしています。

普段からこれだけ気を使っているのですから、この時期ゴム手袋をしていても、ニコール的には普通のことなのかも。

この投稿をInstagramで見る

YOU ARE NUTS @nicolerichie 😘❤️

Heidi Klumさん(@heidiklum)がシェアした投稿 -