2月21日(金)より公開される映画『スキャンダル』。この度、FOXニュース社員のジェス・カーを演じたケイト・マッキノンのインタビュー映像が解禁されました。

『スキャンダル』ケイト・マッキノンインタビュー
ジェスはリベラル派で同性愛者ですが、それを隠しFOXニュースで働いています。番組の新顔としてやってきたマーゴット・ロビー演じるケイラに対し、先輩社員として仕事に関するアドバイスやFOXで働く心得を教えていく中で、同僚としてだけでなく友人としても関係を深めていきます。

ケイラとジェスの関係についてマッキノンケイトは「二人はユーモアがあって、それが作品の重いテーマの合間に息抜きを与えているんだと思う。でも、二人の関係だけじゃなく、全員の関係の中に、脚本全体に、ユーモアはたくさんちりばめられているの。すべてのシーンがユーモアで彩られ、そこがこの作品で気に入っているところのひとつよ。」とコメディ番組出身の彼女ならではの視点でこの作品の見どころを語ります。



さらに共演したロビーについて「マーゴット・ロビーはとても賢い人よ。彼女がジェイ(監督)とシーンについて話している様子を見るのはとても勉強になったわ。彼女はシーンを全体の構成で捉えるの。彼女はすばらしい女優で、映画にもとても詳しくて威圧感さえ感じるけれど、ものすごく親切で優しいの。マーゴットのその優しさが、彼女が演じるケイラというキャラクターを圧倒的な人物にしてるんだと思うわ」と絶賛。

本作のテーマについては「この物語の本当のテーマは、もしハラスメントを告発したければ、すべてを犠牲にしなければならないってことよ。仕事も、自分自身の安全も、同僚からの敬意も、同僚からの視線もね。そして堅い規律に守られている組織との関係を断ち切るのは、本当に勇気がある行動、ということを言いたいんだと思う」と、本作に込められた“ハラスメント”の実態を観客に訴えます。

★『スキャンダル』メイン


『スキャンダル』
2月21日(金) TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー 

© Lions Gate Entertainment Inc.