TVドラマ『フレンズ』のモニカ役で知られるコートニー・コックス(55)が、NBAのレイカーズ vs クリーブランド・キャバリアーズの試合をコートサイドで観戦しました。

Courteney Cox Instagram
スクリーンショット 2020-01-17 23.05.47
▲コートニー・コックス。
コートサイドにはセレブの姿が多く見られるものですが、この日、コートニーの隣りの席にはキム・カーダシアン(39)と夫カニエ・ウェスト(42)の姿が。

試合中、興奮したキムは立ち上がって応援。カニエはそんな妻の姿に笑顔を見せており、コートニーの隣りのジェニファー・メイヤー(42)も笑いながらキムを見ていますが、なぜかコートニーは真顔。キムの姿を見ることもなく、正面を向いて座っています。

キムがなぜこんなにエキサイトしていたかというと、妹クロエ(35)の元パートナーでクリーブランド・キャバリアーズの選手、トリスタン・トンプソン(28)がプレイしていたから。彼を必死で応援していたことをツイッターで明かしています。

『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』では、トリスタンの2度の浮気発覚時に、怒り心頭で本人に向かって露骨に冷たい態度をとっていたキム。プライベートでの過去の罪はさておき、コートでのプレイヤーとしての彼には思い入れがあるようですね。