ディズニー公式動画配信サービス「ディズニーデラックス」が、スター・ウォーズ関連作品としては初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』を2019 年 12 月 26 日(木)より配信スタートし、2020 年 1 月 3 日(金)には第 2 話を、以降、毎週金曜日に新しいエピソードを配信するスケジュールで全 8 話を国内独占配信することを発表しました。

Mandalorian_724x1080_72dpi
© 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
また日本版キーアートが決定、同時に多数到着した第 1 話とトレーラーの公式場面写真と共に、一挙公開します。

本作が一足早く配信スタートしているアメリカにおいては、全米の批評家や海外メディアから絶賛の声が続々と上がり、批評家のレビューをまとめたRotten Tomatoes では、94%フレッシュを獲得しています。(2019 年 12 月 18 日時点)

mando_1115-1_8cf9df5a
© 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

■『スター・ウォーズ エピソード 6/ジェダイの帰還』 から
5 年後が舞台


スター・ウォーズ関連作品として初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』は、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』での出来事から5 年 後、帝国が崩壊し、ファースト・オーダーが台頭する前の時代に現れた“一匹狼の戦士:マンダロリアン”の戦いが描かれています。これまでの「スター・ウォーズ」シリーズの映像作品では描かれていなかったエピソードがいよいよ開幕します。

■ジャンゴ・フェット、ボバ・フェット、
そして遂に孤高のガンファイター・マンダロリアン登場!


ジャンゴ・フェットやボバ・フェットのようなアーマーに身を包んだマンダロリアンが今作の主人公で、謎に包まれたキャラクターです。バウンティハンター (賞金稼ぎ)・ギルドのリーダーであるグリーフ・カルガが、マンダロリアンに“ある仕事”を紹介することから物語は大きく動き始めます。賞金稼ぎ、そしてならず者と悪党たちの荒っぽく現実味あるハードな世界観で繰り広げられる大胆なアクションと、シリーズならではの壮大なスケールにはファンならずとも大興奮すること間違いなしです。

■製作総指揮・監督・脚本に名を連ねるのは、
ジョン・ファヴロー、デイブ・フィローニ、キャスリーン・ケネディ


本作のシリーズ脚本を書き、製作総指揮も務めるのは、「ライオン・キング」「ジャングル・ブック」「アイアンマン」などを手掛けたジョン・ファヴローです。2019 年 4 月に開催された「スター・ウォーズ・セレブレーション・シカゴ 2019」でのパネルディスカッションでファブローは、「あらゆるディテールが丁寧に作り込まれているので、ファンであれば今までの作品との繋がりと、お馴染みの雰囲気をしっかりと感じ取ることができるはず」と語っています。同 じく製作総指揮を務め、第 1 話を監督したのは、「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」や「スター・ウォーズ 反乱者たち」「スター・ウォーズ レジスタンス」の製作総指揮や監督を務めたデイブ・フィローニ。エグゼクティブ・プロデューサーにはほかにもルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディらも参加しており超豪華な製作陣が参加!これまでの「スター・ウォーズ」シリーズで見慣れたエイリアンやドロイド、ストームトルーパーなども続々と登場し、 コワキアン・モンキー=リザードの串焼きや、IGシリーズのドロイドなど、ファンにはよく知られ、愛されている“「スター・ウォーズ」のお馴染みの要素”も盛りだくさんなのも納得の豪華スタッフ陣です。

HUC-000163
© 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.


スター・ウォーズ シリーズ初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』(全 8 話)は、「ディズニーデラックス」にて 12 月 26 日(木)より国内独占配信(第 2 話は 1 月 3 日(金)、以降は毎週金曜日配信)。

「マンダロリアン」公式サイト