11月22日(金)に公開した『アナと雪の女王2』。初週末3日間の興行収入は19億4205万円、さらに観客動員は145万人という驚異的な数字を叩き出し、ディズニー・アニメーション史上歴代No.1オープニングという歴史に名を残すロケットスタートを切りました。

『アナと雪の女王2』場面写真
©2019 Disney. All Rights Reserved.
その勢いはとどまらず、12月1日(日)までに興行収入43億582万円、観客動員数338万人を記録し、2週連続週末興行成績No.1を獲得!なんと、公開週だった前週の土日を上回る動員数となり、勢いがますます加速しています。

さらに日曜日(12月1日)は驚異の興収8億4650万円、動員79万人を記録し、興収・動員ともに2019年公開作品およびディズニー史上No.1を記録!公開10日目での興行収入40億円突破は、『トイ・ストーリー4』を超えて、ディズニー・アニメーション、ピクサー・アニメーション全タイトルの中で最短となり、まさに記録づくしの週末となった。2019年のみならず興行収入歴代No.1に向け、着実に記録を伸ばし続けている。

リピーター続出! 観れば観るほど素晴らしい“アナ雪現象”の勢いが止まらない!

1作目と2作目でひとつの物語だと監督が語る、姉妹の物語を見届けた観客からは「過去で明らかにならなかったことが全部解けて、“そういうことだったんだ”って納得した」「涙腺の扉開けっ放しだった😢」と大絶賛!「2回目のほうが内容理解できて一層面白かった!」「凄いですよこの映画。2回目だと、1回目で泣かなかった所で泣けるんです」「2回目だったけどめっちゃ泣いたし、2回目だからこそ読み取れることあってめっちゃよかった…」と、公開2週目にして早くもリピーターが続出。さらに「アナ雪2。あと5回以上は見たい!公開中には週に1回行きたい!」「アナ雪5回目見てきたけど全然飽きないわ。曲と映像が良すぎる…」など、“5回~10回は観る!”という熱狂的なリピート宣言も。何度観ても新たな発見や感動が生まれるとSNS上では絶賛のコメントが溢れており、“アナ雪現象”は日本中に拡大し続けています。

関連楽曲、続々と記録を樹立中! 音楽でも“アナ雪現象”再来!!

公開前から期待値が高かった楽曲も、すでに数々の記録を打ち立てています。エルサ役・松たか子さんが歌う「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」はiTunes、Apple Music、Amazon Music Unlimitedの音楽配信サイト各チャートで1位を総なめ。(iTunes:総合ソング・チャート、サントラ・アルバムチャート、サントラ・ソングチャート Apple Music:サントラ・アルバムチャート、サントラ・ソングチャート、Amazon Music Unlimited:総合アルバム・チャート)字幕版のエンドソングを担当したパニック!アット・ザ・ディスコの「イントゥ・ジ・アンノウン」は週間USEN HITの洋楽ランキング、J-POP/洋楽ランキングの両チャート1位を獲得し(※11/27付 USEN)、日本版エンドソングの「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」やそのほかの劇中歌も好調。

楽曲について観客は「観終わったあとに、あの耳に残るメロディをみんな歌ってた!」「やっぱり音楽が素敵で、歌のところになる度に涙が流れました😢未知の旅へ~~~✨」「早く全曲カラオケで配信されてほしい~~~家でずっと歌ってる」など、思わず口ずさみたくなるという声が絶えない。メイン楽曲を含め、本作では新たに7曲が登場。「主題歌はもちろん、クリストフの歌もアナの歌も心に響きました。観た人それぞれが自分に誰かを重ねることができるかも…」という声もあがっており、物語を彩る数々の名曲にも注目が集まっています。

また、12月13日(金)より実施される応援上映に加え、大ヒットを記念してIMAXの大スクリーン、迫力あるサウンドをアナ雪風のファッションで楽しめるIMAXファッションDAYの開催も決定!! IMAX劇場25館にて12月8日(日)に実施。それぞれの劇場の指定のIMAX上映回でエルサやアナ、オラフなど「アナ雪2」の登場キャラクターの衣装を着用、あるいはグッズを身に着けて鑑賞するとIMAXオリジナル「アナ雪2」スノーグローブ(非売品)が先着でプレゼントされる(数に限りあり)。

※都内実施上映館:TOHOシネマズ日比谷/新宿、109シネマズ二子玉/木場/グランベリーパーク、グランドシネマサンシャイン 詳しくは各劇場のHPをご確認ください。

『アナと雪の女王2』
大ヒット上映中