『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』や『ドクター・スリープ』など、原作が相次いで映画化されるベストセラー作家スティーヴン・キングの、悲哀なる“禁忌”ホラー、映画『ペット・セメタリー』が2020年1月17日(金)に日本公開。

★メインPSM-00056R
© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
それは、娘を亡くした父親の悲哀なる“禁忌”ホラー

ベストセラー作家スティーヴン・キングが、自身の原体験からインスパイアされ、1983年執筆当時あまりの恐ろしさに出版を暫く見送った、悲しき“禁忌”ホラー『ペット・セメタリー』がついに日本に上陸!

“最高のスティーヴン・キング映画の1つ”とも評された本作には、主演の父親ルイス役に『猿の惑星:新世紀』のジェイソン・クラーク、その妻レイチェル役に『エイリアン:コヴェナント』のエイミー・サイメッツ、一家の隣人ジャド役に『インターステラー』の名優ジョン・リスゴーが名を連ね、そして娘エリー役で新鋭ジェテ・ローレンスが怪演を見せます。
サブ1 PSM-05275R
© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.


怒涛の恐怖で畳みかける本予告編が解禁に...

この本予告編では、家族たちと田舎に引っ越してきた少女エリーが、謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”に踏み入る不穏な場面から幕を開けます。父のルイスは「死は自然なことだ」とエリーに優しく語り掛けるが、最愛の娘エリーを突然交通事故で亡くしたことを受け入れられるはずもなかった。ペット・セメタリーのはるか奥の森に先住民が恐れる秘密の“死者が蘇る土地”があることを知ったルイスは、「気持ちは分かるが…アレは別の生き物だ」という隣人ジャドの忠告をよそに、エリーを蘇らせるために禁断の手を打ってしまいます。

本映像では、蘇った娘を受け入れられない母レイチェルの恐怖の表情、エリーの髪を歪にとかすルイス、凶暴化した猫、床を這う変形した肉体、豹変して襲いかかるエリー…と家族を襲う悲劇を次々に捉えていく。父親が犯した“禁忌”の代償がもたらす怒涛の恐怖とは...?「時には死の方がいい」と響く台詞に、劇中で展開される更なる恐怖が期待されます。

娘を亡くした父親の悲しみを体現したクラークは、今まで関わってきた映画の中で本作が最も心をかき乱された1本であると語り、誰しもが潜める内なる恐怖を深堀りした本作について「真の恐怖は何かということを教えてくれる」とコメント。キングによると、かつて暮らしていた家の裏に動物達の墓があったといい、自身の猫を失った際に「“もしあのペット・セメタリーに埋めた動物達が蘇ったらどうなるんだろう?”と考え始めた」ことが小説執筆のきっかけであったことを語ります。また、小説出版から35年以上の時を経て再び映画化された本作については、「凄くいいよ!良い作品だと思う」とキング自身お墨付きのコメントを寄せています。(※2019/3/29 Entertainment Weeklyのインタビューより引用)



STORY
家族と田舎に引っ越した医師ルイス(ジェイソン・クラーク)。新居の裏には謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”があった。ある日、飼い猫が事故にあうと、墓地を越えた奥深くの森で猫を埋葬する。しかし次の日、凶暴に豹変した猫が姿を現わした。その地は、先住民が語り継ぐ秘密の森だったのだ。そして迎えた娘エリー(ジェテ・ローレンス)の誕生日、彼女は交通事故で帰らぬ人に…。果たしてルイスの取った行動とは――


サブ2 PSM-09742R
© 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

『ペット・セメタリー』
2020年1月17日(金)より、全国ロードショー!