18日より日本公開される映画『マレフィセント2』。主演のアンジェリーナ・ジョリー(44)が同作のプロモーションでイタリアを訪れています。

Newscom/Zeta Image
angie201910
▲アンジェリーナ・ジョリー。
フォトコールでは、共演者のミシェル・ファイファー(61)と共に報道陣の前に登場。いつものダークなカラーのヘアではなく、明るい色味に変わっており、ヘアスタイルもチェンジ。前髪アリで全体的に動きのある軽やかなロングヘアになっています。

ヘアスタイルだけではなく、ファッションもいつもの黒と違って華やかなパープルをチョイス。プリーツの生地がスリムなアンジーのボディをボリューミィに見せて、女らしさが感じられるドレスです。

最近、仏誌『Madame Figaro』のインタビューでアンジーは「運命については知らないけど、いまが移行の時期だと確信しているの。私は自分自身に戻っているということね。自分を見失っていたから」とコメント。ブラッドとの破局によってとても傷ついたこと、自分が取るに足らないような存在に思えたことなどを明かしています。

何かが吹っ切れたようにも見える清々しさが漂っているアンジー。イメージが変わったのも、心境の変化が関係しているのかもしれません。