10日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた主演作『ジョン・ウィック:パラベラム』のジャパンプレミアにキアヌ・リーブス(55)が出席しました。

keanu2019910_01
▲キアヌ・リーブス。
『ジョン・ウィック』シリーズは、キアヌ・リーブスがみせる、銃と体術を組み合わせたキレ味鋭い流麗なアクション:ガン・フーと、独自の世界観が全世界を熱狂させて大ヒットを記録。

前作から2年、スタエルスキ監督との『マトリックス』コンビが生み出す過剰なまでのアクションも、おなじみのメンバーに加え、新たにハル・ベリーも参戦した超豪華キャストも驚異の進化を遂げて帰ってきます!!

きゃりーぱみゅぱみゅと忍者ポーズを披露

レッドカーペットイベントでファンとの触れ合いを楽しんだキアヌとチャド・スタエルスキ監督。その後、舞台挨拶が行われた劇場では、会場の中程のドアから登場して客席の間をステージまで歩いて観客にサプライズ!! 客席からは興奮したファンの声援が飛んでいました。

ステージ上では「ハロー!トーキョー!コンバンハ!ジャパンプレミアに来てくれてドウモアリガトウ!」とキアヌが流ちょうな日本語を交えながら挨拶。

そんなキアヌとチャド・スタエルスキ監督にサプライズゲストが!! 本作の劇中曲「にんじゃりばんばん」を歌うきゃりーぱみゅぱみゅが登場したのです!

2人に花束をプレゼントしたきゃりーは、「スリルなアクションはもちろんとてもカッコよかったのですが、日本をモチーフにした場面もたくさんあるのでぜひ注目してほしいです」と本作を観ての感想を述べました。

keanu2019910_02
▲きゃりーぱみゅぱみゅとキアヌ・リーブス。

keanu2019910_09
▲きゃりーぱみゅぱみゅ。

この日のためにつくったという、忍者をイメージした個性的なドレスを着用していたきゃりー。「ニンジャドレス、最高だね」とコメントしたキアヌは、きゃりーに対して「お会いできてとても嬉しいです。きゃりーさんの作品も拝見していて、とても興味深かったんです」と語りました。

keanu2019910_10
▲左から、きゃりーぱみゅぱみゅ、キアヌ・リーブス、チャド・スタエルスキ監督

監督は「キアヌも僕も黒澤監督の映画やサムライ映画が大好きで、日本の漫画やアニメも大好き。日本の武士道にも感銘を受けています。武道や武術にも影響を受けていて、とても興味があるので本作にも採り入れることにしました」とコメント。

そして、イベントの終盤には本作に登場するニンジャにちなみ、本物のニンジャ、武蔵一族の弥圓佐助(やえん・さすけ)さんが登場!!

keanu2019910_05
▲弥圓佐助さん。

厄払いや成功の祈願を意味する九字切り(くじきり)という印を結んで、会場の観客と一緒に大ヒット祈願をすることに。おなじみの忍術を唱えるポーズを構えて「臨(りん)・兵(ぴょう)・闘(とう)・者(しゃ)・皆(かい)・陣(じん)・烈(れつ)・在(ざい)・前(ぜん)!」の掛け声のあとに、キアヌら一同が「エイ!」と叫ぶと、会場には金テープが舞い、大ヒット祈願の忍術は見事に大成功!

keanu2019910_03
▲きゃりーぱみゅぱみゅとキアヌ・リーブス。

keanu2019910_04
▲きゃりーぱみゅぱみゅとキアヌ・リーブス。

日本ならではの大ヒット祈願がすっかり気に入った様子で、その後行われたフォトセッションでも印を唱えるポーズを披露するなど、マスコミにもキアヌらしい“神対応”を見せていました。

『ジョン・ウィック:パラベラム』
10月4日(金)全国ロードショー


監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーブス/ハル・ベリー/イアン・マクシェーン/
ローレンス・フィッシュバーン/マーク・ダカスコス/アンジェリカ・ヒューストン

配給:ポニーキャニオン
原題:JOHN WICK:CHAPTER3 PARABELLUM(2019/アメリカ)
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
レーティング:R15

公式サイト:johnwick.jp
公式Twitter:@johnwickjp