8月30日(金)より日本公開される『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』。この度、本作の公開を前に、タランティーノ監督と主演のレオナルド・ディカプリオが来日し、8月26日(月)にジャパンプレミア レッドカーペットイベントが実施されました!

プレミアサブ1_AAA3775


『レヴェナント: 蘇えりし者』の2016年3月以来、3年5か月ぶり11度目の来日となるディカプリオと、2013年2月の『ジャンゴ 繋がれざる者』以来、6年半ぶりの来日となるタランティーノ監督。今回は、その『ジャンゴ』ではかなわなかった、タランティーノ監督×レオナルド・ディカプリオの名コンビ揃っての来日となります。

プレミアサブ3_AAA3894


プレミアサブ2AAA3659


監督たっての希望でツアー最後の地となる日本でのプロモーション。「自分たちの業界へのラブレター」とディカプリオも語る本作を引っ提げて、映画愛溢れる2人が日本のファンに向けて熱いメッセージを贈りました。また、映画やアニメなど日本のカルチャーにも詳しく、日本通で知られる2人の来日とあり、日本のファンにたっぷりファンサービスも!

約550人の観客が集まった熱気に満ちた会場に、MCの呼びかけでレオナルド・ディカプリオ、クエンティン・タランティーノ監督、シャノン・マッキントッシュプロデューサーが登場! ボルテージマックスの会場のファンたちに向けて「ドウモアリガトー!!」とタランティーノ監督はテンション高めに日本語でご挨拶!

プレミアメイン_AAA3955


古き良き時代である1969年のハリウッドが舞台の本作にちなんで、日本のメッカである日比谷・有楽町でプレミアを迎える今の心境について問われると、タランティーノ監督は「日本のビッグなプレミアによく来てくれてありがとう!日本に戻って来れてタラちゃんは嬉しい!聞いたかもしれないけど、妻が妊娠していて小さなタラちゃんが生まれようとしています。キャリアの当初から本当に日本は歓迎してくれて、今日は皆が持ってきてくれたアイテムにサインできて嬉しかったです!」と、日本に再び戻り、ファンたちの前に立てた喜びを明かしました。


すると、会場に集まったファンたちは「おめでとう!!」と、タランティーノ監督に向けた祝福のメッセージを贈り、タランティーノ監督も「妻にも伝えるよ!」と上機嫌の様子。ディカプリオは「アリガトウ!」と日本語で挨拶し、「東京に戻って来れて本当に嬉しい。20年以上日本に来続けていますが、特に今日のファンは最高!是非、本作を観て楽しんでください!」、プロデューサーのシャノンは「皆さん本当にありがとうございます。監督とレオナルドと違って初来日ですが、また何度も日本へ戻りたいと思います。この素晴らしい作品を楽しんでください」と、それぞれに日本に来れた喜びのコメントを寄せました。

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという世紀の二大スターが初共演を果たした本作。ディカプリオはブラッドとの共演について、「ブラッドはもちろん俳優として本当に優秀ですし、人間としても余裕があって色々与えてくれる人。同じ時期に2人ともLAの映画界で育っていたので、演じる2つの役について非常に熟知していたし、キャラクターに非常になりやすかった」と振り返りました。監督は「2人の共演シーンをカメラのビューファインダー越し観た時に、まるで映画館にいるような映画的マジックが起きた」と豪華俳優の共演が本当に素晴らしかったことを明かしました。

また、ディカプリオが演じる映画スターで再起を狙うTV俳優リックの喜怒哀楽の演技が素晴らしく『レヴェナント: 蘇えりし者』に続きアカデミー賞主演男優賞を本作でも取るのではと大絶賛されているディカプリオだが、そのことについてMCから問われると「この映画で一番良かったところはクエンティン・タランティーノと一緒に仕事ができてリックについての話し合いができたこと。リックはもろい存在で、そんな彼の人生の 2 日間を描いています。これから先は皆さんにこの作品を託します。皆さんがこの作品を気に入ってくれることを願っています」と、タランティーノ監督と再び仕事ができた喜び、そして本作をアピールしました。

最後にタランティーノ監督は流ちょうな日本語で「映画ミテネー!!タノシンデネーー!!」と日本語で観客たちに猛烈なアピールをし、観客たちは大興奮のままイベントは幕を閉じました。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』
8月30日(金)全国ロードショー