IT=“それ”は姿形を変え進化し、子供だけでなく大人までも恐怖のどん底に陥れ、人間にとって最恐のトラウマを与える――文学作品として圧倒的な評価を得ている、ホラー作家の“頂点”スティーヴン・キングの傑作小説が原作の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、2017年に公開するやいなや、3日間で1億2,300万ドル突破のオープニング記録を打ち立て、全世界興行収入7億ドル超え(※日本での興行収入は22億円超え、観客動員数約169万人の大ヒットを記録)を達成し全世界で社会現象化!

メインIT2-TRLR-0002_100_R
そしてあの恐怖から2年、『IT/イット』が遂に完結する! 史上No.1のホラーエンターテイメント『IT/イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。』が、11月1日(金)全国公開!(配給:ワーナー・ブラザース映画)

子供が消える町に、“それ”は現れる――。静かな田舎町で連続児童疾走事件が再び起きた。「COME HOME COME HOME(帰っておいで…)」という“それ”からの不穏なメッセージが届き、幼少時代に“それ”の恐怖に襲われたルーザーズ・クラブの仲間たちは、27年前の<約束>を果たすために町に戻ることを決意する。なぜ、その町では子供が消えるのか? なぜ、事件は27年周期で起きるのか? “それ”の正体と目的とは? 果たして、彼らはすべてを終わらせることができるのか!? 前作を上回るスケールと予想外の展開で、ホラーエンターテイメントの頂点を飾る最高傑作が完結!

スティーヴン・キング大絶賛の恐怖を体感できるよう、IMAXⓇ、4D、吹替版ほか各フォーマットでの上映が決定!そして、不気味な笑みを浮かばせる“それ”や、27年後の子供たちのシーン写真が一挙解禁に!

サブ2_IT2-TRLR-0001_R


サブ4_IT2-04479_R


サブ3_IT2-00457r_R


さらに、待望の日本初お披露目は、9月17日(火)開催の「映画秘宝ナイト in IMAXⓇレーザー」に決定しました!

会場は、今年7月19日に池袋に新規オープンしたばかりのグランドシネマサンシャイン! IMAXⓇレーザー/GTテクノロジーによる視野を覆い尽くす国内最大のスクリーン、どこまでも鮮明な映像、リアルなサウンド。本編上映の前後には、町山智浩と高橋ヨシキの恐怖の解説夜話も開催! 日本最高峰の巨大スクリーンで、世界最高峰の最恐映画に絶叫できる、この秋いちばんの映画イベントになること間違いなし!

『IT/イットTHE END “それ”が見えたら、終わり。』

11月1日(金)全国ロードショー


©2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.