ニコラス・ケイジ(55)が米誌『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』で、ジョニー・デップ(56)のデビュー秘話を明かしました。

Newscom/Zeta Image
nico201988
▲ニコラス・ケイジとジョニー・デップ。
ニコラスは80年代のジョニーとのエピソードを披露。

「僕たちはいい友達だったんだよ。よくモノポリーをやってて、彼(ジョニー)は勝ってた。僕は彼を見てこう言ったんだ。『なぜ俳優をやろうとしないんだ?」って」「彼は当時、ミュージシャンになりたかったんだ」とニコラス。

ジョニーは「演じることなんてできないよ」と言ったそうですが、ニコラスが「君は演じることができると思う」とアドバイスしたのだとか。ニコラスは自分のエージェントに会うようにセッティング。そしてエージェントは、ジョニーを『エルム街の悪夢』のオーディションに送りこんだそう。見事、同作で役を得たジョニーはそれから約6年後に『シザーハンズ』に主演...と瞬く間にトップスターに。

ニコラスがジョニーの俳優デビューのきっかけを作ったということよりも、ジョニーの方が1歳上という事実が今さらながらに衝撃的かも。