2019 年 11 月 22 日(金)~11 月 24 日(日)までの 3 日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催される「東京コミコン 2019」。11日(木)アンバサダーの発表を兼ねた記者会見が行われました。

会見画像002
▲左から、胸組実行委員長、浅野忠信さん、宇垣美里さん。
今年で 4 回目となる東京コミコンですが、1 回目の 2016 年にはアメコミ界の重鎮であり“レジェンド”とも呼ばれ、Mr.コミコンの名誉親善大使であるスタン・リーや、ホーク・アイでお馴染みのジェレミー・レナーが来日し、3 万人以上を動員。

2 回目の 2017 年にはスタン・リーをはじめ、リー氏と共に東京コミコンのファウンダーの 1 人であるアップル共同創業者のスティーヴ・ウォズニアック、マッツ・ミケルセンなども来日し、4 万人以上を動員しました。

さらに、3 回目となる昨年はトム・ヒドルストン、エズラ・ミラーらビッグスターたちとの撮影会&サイン会を実施し、3 日間の来場者数が 63,146 人と過去最高を記録するなど、注目度が年々高まっています。今年も各種展示やハリウッドスターたちとの撮影会&サイン会企画が予定されており、昨年よりも開催時間が延びたことで、ますます大きな盛り上がりが期待されています。

会見には、アンバサダーとして、日本だけではなく映画「マイティ・ソー」など海外の映画作品にも数多く出演している世界的俳優の浅野忠信さんが登場。「以前『マイティ・ソー』でヒーローのホーガン役を演じさせていただいたので、この機会を待っていました! アンバサダーに就任できてめちゃくちゃ嬉しいです」とアンバサダー就任の喜びを言葉にしました。

会見画像001
▲アンバサダーに就任した浅野忠信さん。

また今回の会見では、来日セレブゲスト第 1 弾の発表が併せて行われました。1 人目は、昨年、一度は来日が決定したものの、撮影スケジュールの都合で残念ながら来日中止となってしまっていた『アベンジャーズ』シリーズのバッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー役で人気を博した、セバスチャン・スタンが初来日。

2 人目は、『ハリー・ポッター』シリーズのロン・ウィーズリー役でお馴染みのルパート・グリント、そして 3 人目は、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのレゴラス役、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのウィル・ターナー役で有名なオーランド・ブルームです。

3 名とも今回が東京コミコン初参加となり、セバスチャン・スタンとルパート・グリントは 3 日間の参加、オーランド・ブルーム氏は土日 2 日間の参加を予定しています。

来日ゲストの発表を受けて、浅野さんは「この 3 名の方々が日本に来てくれるなら、是非一緒に映画を撮りたいですね(笑)」と笑顔で語りました。


■開催概要
名 称:東京コミックコンベンション 2019(略称:東京コミコン 2019)
会 期:11 月 22 日(金)~11 月 24 日(日)
11 月 22 日(金)12:00~20:00
11 月 23 日(土)10:00~20:00
11 月 24 日(日)10:00~18:00

会 場: 幕張メッセ 9・10・11 ホール
〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1

主 催:株式会社東京コミックコンベンション、東京コミックコンベンション実行委員会
3DAYS PASS 発売日: 7 月 22 日(月)予定

イベント内容: 最新技術を使った様々なゲームや体験、コミックや映画の最新情報、 アメリカや世界の製品やレア物グッズ展示、ハリウッドスターとの撮影会・サイン会、ポップカルチャーやテクノロジー分野のリーダー・インフルエンサーによるパネルディスカッション、コスプレコンテスト、ライブパフォーマンス、企業出展(今後発売予定の製品や試作品の出展等) 、個人で活動している漫画家やアニメーターの作品展示「アーティスト・アレイ」など