1日(現地時間)、ラスベガスで開催された「ビルボード・ミュージック・アワード2019」。人気アーティストが数多く出席した中、マライア・キャリー(49)がアイコン賞を受賞しました。 Mariah Carey Instagram スクリーンショット 2019-05-02 18.47.38
▲マライア・キャリー。
ジェニファー・ハドソン(37)によって紹介されたマライア。 「チャートともに私を成長させてくれて、そしてこんな素晴らしい賞をいただき、ビルボードにお礼を言いたいわ。ありがとう」「私がアイコン? 私は自分のことをアイコンだとは思えないけどね。サバイブするために必要に駆られて、そして自分を表現するために音楽を作ることを始めたの」などとコメントしました。 そして、「A No No」「Always Be My Baby」「Emotions」「We Belong Together」「Hero」などのヒット曲をステージで披露。 そんなマライアに対して、客席のテイラー・スウィフト(29)がエキサイトしている様子がとらえられていました。