英ハリー王子(34)と結婚後、兄嫁であるキャサリン妃(37)との確執や、ロイヤルファミリーにふさわしくない行動がひんしゅくを買っているなどと、ネガティブな話題も報じられているメーガン妃(37)。

Kensington Palace Instagram
スクリーンショット 2019-01-15 20.13.20
▲英メーガン妃。
それ以外にも注目を集めているのが、夫妻の側近が次々と退職していることです。

結婚してから約半年の間で、メーガン妃のパーソナルアシスタントの女性を含む3人が去ったことから、夫妻がスタッフに厳しく接しているのではないかとも報じられました。

そして今回報じられたのが、メーガン妃のボディガードである女性の退職。米誌『People』電子版によると、その女性は個人的な理由で退職したのであって、ハリー王子とメーガン妃との間に問題があったわけではないのだとか。

とはいえ、短期間に多くの人が辞めたのでは、何かあるのではないかと勘ぐられても仕方がないのかもしれません。