自身が所属するバンド「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」の活動でワールドツアー中のジョニー・デップ(55)。

Newscom/Zeta Image
johnny2018630
▲ドイツ・ミュンヘンでのジョニー・デップ。
ロシアでは地元のファンと2ショットに応じたところ、その写真でのルックスが以前とあまりに異なっていることから、「健康に問題があるのではないか」とネット上で話題になりました。



その後、今週水曜に「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」のライブが行われたドイツ・ミュンヘンでのジョニーはというと...映画のプロモーションではないのになぜかジャック・スパロウに。やはり見慣れた顔のせいか、しっくりときます。

そしてジョニーといえば、気になるのが息子ジャックの様子です。先日、母のヴァネッサ・パラディ(45)がパリで行われた主演映画『A Knife in the Heart(原題)』プレミアに欠席し、同作のヤン・ゴンザレス監督が「ヴァネッサ・パラディは今夜、息子に健康上の深刻な問題が生じたことでプレミアに参加することができない」とコメントしたと報じられたのです。この報道が元となり、重病説まで浮上しました。

ところが先日、米誌『People』に関係者がジャックについて「元気だし、健康上の問題はない」とコメント。ジャックの体調が回復したのか、はたまたそもそも元気だったのかは明らかになっていませんが、ひとまず安心といったところ。

このところネガティブなニュースが続いているジョニーにとって、「ハリウッド・ヴァンパイアーズ」の活動が精神的な拠り所になっているのかもしれません。