Dlifeで、現在シーズン9を好評放送中の大ヒットドラマ「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪」。主要キャストの一人、スペンサー・リード役 マシュー・グレイ・ギュブラーの来日を記念して、本日、都内においてファン約160名を招待したトークショーイベントが開催されました。

ma2018627_08
▲マシュー・グレイ・ギュブラー。

今回2年ぶり4度目の来日となるマシューは、会場の後方から登場。金ピカの衣装を羽織って客席の間を駆け回り、冒頭から集まったファンを喜ばせました。

ステージ上に現れたマシューは日本語吹き替え版を担当している森久保祥太郎さんと「クリミナル・マインド」に関するトークを披露。

ma2018626_002
▲マシュー・グレイ・ギュブラーと森久保祥太郎さん。

「クリミナル・マインド」に出演するきっかけについて尋ねられたマシューは、「アクシデントだね」「僕は映画監督になりたかったんだよ。それでロサンゼルスに移ったんだ。それでエージェントが『君は演技も好きだからテレビのオーデションも受けてみない? そういう体験もした方がいいよ』って。それで受かってしまったんだよね」と意外な経緯を明かしました。

「マシューの声を吹き替えるのは難しいですか?」と司会者から尋ねられた森久保さんは「早口なんですよ」と言いながら「10何年も毎週のようにマシューの顔を見ているので、目の前にいるとどうしても口を見て(声を)当てたくなっちゃうんですよ」と笑顔で語りました。

ma2018626
▲ふわふわのヘアがお似合いのマシュー。

「クリマイ」こと「クリミナル・マインド」は優れた頭脳と鋭い洞察力を持ち、異常犯罪を起こす犯人の心を読み解くFBIのプロファイラー・チーム「BAU(行動分析課)」の活躍を描く、世界中で大人気のドラマシリーズ。マシュー演じるスペンサー・リードは、シーズン1から出演する日本でも熱狂的なファンが多いキャラクターで、IQ187という類まれなる天才的頭脳と、数学や化学などさまざまな分野において博士号を持つその知識を生かして犯罪捜査にあたります。

マシューが「クリマイ」で印象深いエピソードは自身が監督をした回で、人間マリオネットを作るというエピソードだそう。また、シーズン11にはマシューのお父さんも出演しているのだとか。その役は子供を誘拐し、エイリアンを信じているというキャラクターだそうですが、弁護士のお父さんは喜んで引き受けてくれたといいます。

そしてマシューはお父さんのモノマネを披露。その声に、その場で森久保さんが声を吹き替えるというスペシャルな場面も見られました。

ma2018626_07
▲女性がキュンとする表情を見せるマシュー。

ma2018627_04
▲足元は異なるカラーのシューズで。

会場のファンからの質問に丁寧に答えたり、客席をバックにセルフィーを撮ったりと、ファンサービスに余念のないマシュー。会場からは「マシュー!!」「かわいい〜」などと黄色い声援も飛んでいました。彼の人気、今回の来日でさらに加速しそうです!!

「クリミナル・マインド/FBI vs.異常犯罪」シーズン 1
Dlifeにて8月20 日(月)スタート(二) 毎週月曜 ~水曜22:00 ~


「クリミナル・マインド/FBI vs.異常犯罪」シーズン 9
Dlifeにて好評放送中 (二)毎週日曜21:00 ~/(字) 24:00 ~