世代を超えて幅広く愛されるディズニーの国民的人気キャラクター「くまのプーさん」が、アニメーションの世界から飛び出し、初めて実写映画化!! 日本版ポスターが初解禁されました。

『プーと大人になった僕』日本版ポスター
©2018 Disney Enterprises, Inc.
生前のウォルト・ディズニーが「プーさんは人気者になる、必ず歴史に残る名作(アニメーション)になるよ」と強い思い入れのある言葉を残していたというディズニーの国民的人気キャラクター「くまのプーさん」。

1966年に初めて映像化された短編アニメーション『プーさんとはちみつ』以降、これまで短編・長編映画やオリジナルビデオ、テレビシリーズなど多数のアニメーション作品が作られ、またプーさん関連アイテムを日常生活で見かけることも多く、ウォルトの言葉通り、現在も世界中で愛され続ける人気キャラクターとなりました。

そして、2018年ついに実写映画化。本作は、プーさんと大親友の少年クリストファー・ロビンが「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わした感動の別れの後、大人になりロンドンで暮らすクリストファー・ロビンとプーさんの奇跡の再会からはじまる感動の物語です。

先日解禁となった特報映像は、瞬く間に注目を集め、「"プーさんが大人になったクリストファー・ロビンと再会" と聞いただけで胸がしめつけられる」「映像みたけど涙が止まらない…たった30秒なのに…」と短い映像ながらも早くも日本人の涙腺を緩ませています。

また、「大人になって見ると、こんなに小さいぬいぐるみだったのか。少年の頃は抱えるほどの大きさだったのに」「子供の頃の思い出と、大人になってからの僕なんて…想像だけでも泣いてしまう」などと、懐かしさを感じ、心揺さぶられている人も多くみられ、はやくも今年一番の感動作としての呼び声が高まっています。

そして今回解禁となる日本版ポスターでは、主演のユアン・マクレガー演じるクリストファー・ロビンが、舞台となるロンドンで、赤い風船をプーさんに手渡す姿が描かれています。大人になったクリストファー・ロビンは仕事の合間らしく、スーツを着て大きなカバンを持っています。プーさんのトレードマークでもある風船は、これまでの物語では、はちみつを採るために使う道具として登場していましたが、本作ではこのプーさんの赤い風船が、物語を語る大切な鍵になっているといいます。

プーさんと仲間たちが困っている時にいつも頼りにされ、彼らと一緒に少年時代を過ごしたクリストファー・ロビン。本作は、大人になったクリストファー・ロビンと100エーカーの森を飛び出したプーさんと仲間たちがロンドンを舞台に繰り広げる感動の物語になっています。

主人公の大人になったクリストファー・ロビン役を務めるのは、スコットランド出身の俳優ユアン・マクレガー。初主演映画『トレインスポッティング』(96)で注目され、『スター・ウォーズ』新三部作のオビ=ワン・ケノービ役で一躍トップスターに。昨年には『トレインスポッティング』続編となる『T2 トレインスポッティング』(17)、2017年に日本で公開された洋画NO.1の大ヒットとなった『美女と野獣』(17)にもルミエール役で参加している。すでにSNS上では「クリストファー・ロビンのイメージとユアンがベストマッチ」という声も上がっており、注目を集めています。

監督には『チョコレート』(01)で、主演のハル・ベリーにアフリカ系アメリカ人として初となるアカデミー賞®︎主演女優賞をもたらせたマーク・フォスター。アカデミー賞®に︎7部門ノミネートされ、作曲賞を受賞したジョニー・デップ主演の『ネバーランド』(05)など感動ドラマで高く評価された後、『007 慰めの報酬』(09)、『ワールド・ウォーZ』(13)など次々と大作映画の監督を務めています。


『プーと大人になった僕』

9月14日(金) 全国ロードショー



■監督:マーク・フォスター(『チョコレート』『ネバーランド』)
■出演:ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル 他
■配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
■公式HP:disney.jp/Pooh-Boku