4月9日(月)より毎週月曜日20:00~、Dlifeにて日本初放送される「ワールド オブ ダンス」。世界中から集まる出場者たちのハイレベルなパフォーマンスと、豪華審査員、そして優勝賞金など、全てが世界最大・最高級と謳われた大ヒット番組です!!

ワールド オブ ダンス01
審査員を務めるのは、アーティストであり、女優やモデルとしても活躍する、自身も“表現者”のジェニファー・ロペス。さらに、歌手NE-YOや、ダンサーであり俳優でもあるデレク・ハフら3名です。

世界最高峰のダンサーが、2分で魅せる感動。技術力だけではない、ダンサーたちのストーリーがここに。

番組では、18歳以下のジュニア部門、4名以下のアッパー部門、5名以上のチーム部門の3つに分かれ、ダンサーたちが競い合います。80点以上を獲得すれば予選通過、次のステージへ。そしてフィナーレでは、各部門のチャンピオン達が、賞金100万ドル(約1億円)をかけて、最後のバトルを繰り広げます。

ジェニファー・ロペスが「大ファン」の双子ダンサーに、
NE-YOが「まさに釘付け」になる忍者ダンサーらが登場!


レ・ツインズは、パリ出身の28歳の双子のダンサー。ストリートダンスがネットで話題になったことがきっかけでJAY-Zやビヨンセから「youtubeを見た」と連絡を受けてから人生は一変! その後6年間ビヨンセのバックダンサーをつとめたそう! 審査員の1人のジェニファー・ロペスも「2人のユニークなスタイルのファン」だと大興奮!

01EP1 レ・ツインズ
▲レ・ツインズ。

チーム部門に登場するKinjaz(キンジャズ)のメンバーの多くはアジア系の2世だそう。彼らの忍者をイメージしたパフォーマンスに審査員のデレクは「まるで映画のようだった」、NE-YOは「まさに釘付け」、ジェニファー・ロペスは「もっとちょうだーい!! みたりない!」と大絶賛!

01EP1 キンジャズ
▲Kinjaz(キンジャズ)。

ダンスの実力はもちろん、そのダンスの表現に繋がる彼らの過去や熱い想いなども見え、見ているこちらも思わず泣きそうになることも! とくに、ジュニア部門に登場するジェニファー・ロペスに憧れる11歳のダイアナ・ポンボのシーンは、感動すること間違いなし! 憧れのジェニファー・ロペスに自分の言葉で思いを伝えるシーンでは、思わず涙ぐんでしまうこと必見です!

01EP1 ダイアナ・ポンボ
▲ダイアナ・ポンボ。

「ワールド オブ ダンス」
Dlifeにて、4月9日(月)より毎週月曜日20:00~

© 2017 Open For Business Productions LLC. ALL RIGHTS RESERVED.  ©Dlife