ザ・ビートルズの驚異的な初期のキャリアを描き、1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりのアップル公式作品として、9月22日(木・祝)より公開される『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』。

メイン01
©Apple Corps Limited. All Rights Reserved.
ファン、メディア、各国のアーカイブから集めた100時間以上の貴重な未公開映像、メンバーからのプライベートコレクション、さらに、ポール・マッカートニーとリンゴ・スターが新たに語る真相や、当時の関係者や著名人のインタビューも収録された本作。

この本編のインタビューに、シガニー・ウィーバー、ウーピー・ゴールドバーグ、エルビス・コステロらビッグセレブが当時のLIVEの思い出などインタビューに答えていることがわかりました。

© White Horse Pictures
WhoppiGoldberg_V04


© White Horse Pictures
ElvisCostello_V01


HOLLYWOOD BOWLのライブを鑑賞した14歳だったシガニー・ウィーバーは、ロン・ハワードが集めたアーカイブの中で発見され、今回の出演となりました。

© White Horse Pictures
SigourneyWeaver_V01


© White Horse Pictures
14歳のシガニー02
▲14歳のシガニー・ウィーバー。

また、ザ・ビートルズのファンにとっては『ビートルズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ! 』『ヘルプ!4人はアイドル』の監督を務めたリチャード・レスターのインタビューが入っているもの見どころとなっています。

日本で上映される本編は、日本限定版として50年前の来日時のパートが特別に長く編集されており、武道館でのライブシーンも収録されています。さらに、ビートルズ日本公演主催の中部日本放送(後のCBCテレビ)の依頼で、写真集「ビートルズ 東京-100時間のロマン」を手掛け、ビートルズが宿泊したホテルの同フロアに寝泊まりし、4人の姿をカメラにおさめることを許された唯一の日本人カメラマンである浅井慎平氏のインタビューも入っています。

© White Horse Pictures
asai_05


STORY
イギリス・リヴァプールのキャバーン・クラブで活動を始めたビートルズは、1961年から62年にかけてイギリスの音楽シーンに華々しく登場し、1963年の終わりにはヨーロッパ・ツアーを開始。そして翌1964年2月9日、アメリカの人気テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演したことで全世界的に人気を爆発させた。同年6月に入ると、バンドは初のワールド・ツアーをスタート。以後2年間は過酷なスケジュールをこなし続け、ツアー活動を停止した1966年8月の時点で、バンドは世界15ヶ国90都市で、166回のコンサートを行っていた。こうしたツアーに助長されて生まれた「ビートルマニア」と呼ばれる社会現象は、それまで世界が1度も目にしたことのなかったもので、文化のグローバル化が始まるきっかけとなった――。


『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK -The Touring Years』

9/22(木・祝)より角川シネマ有楽町ほか全国公開!!
配給:KADOKAWA