8 ⽉7⽇(現地時間)、リオデジャネイロのオメガハウスでは、オリンピックに参加するアスリート達の究極の⽬的である、メダルを獲得するという想いをテーマにした“ゴールド・ナイト”が開催。アレッサンドラ・アンブロジオをスペシャルゲストに招き、華やかに行われました。

OMM_Alessandra02
▲アレッサンドラ・アンブロジオ。
アレッサンドラは、世界中にその名を知られるブラジル⼈モデル、⼥優。その才能と美しさで有名な彼⼥ですが、⾃国ブラジルに誇りを持ち、そして、オリンピック リオデジャネイロ⼤会にも多⼤な関⼼を寄せています。

オメガは、この⼤会で1932 年から数えて27 回⽬の公式タイムキーパーの役割をつとめています。

オメガのファンであるアレッサンドラは、イベントのテーマである“ゴールド”にあわせ、レッドゴールドケースのシーマスター アクアテラを着⽤しました。

アレッサンドラは「世界でも有数の美しい街であるリオデジャネイロでオリンピックが開催されることは⼤変光栄なことです。ブラジルだけでなく、南⽶にとっても夢が叶った瞬間です。そして国を代表して聖⽕リレーに参加するという私個⼈の夢も叶いました! 当⽇は家族全員を呼んで、⼤切な瞬間を分かち合いました。」と話しました。

OMM_Alessandra01


また「オメガハウスとなった“Casa de Cultura Laura Alvim”は素晴らしい場所ですが、オメガがこの場所の雰囲気を残しつつ、全く新しく美しい空間に創り変えたのに驚いています。オリンピックの期間中に過ごす場所としてこれ以上の場所はないでしょうね。イパネマという世界でも有数の美しいビーチの前にあるロケーションも最⾼です」と、オメガハウスについて感想を述べました。

OMM_Alessandra03


オメガ社CEO 兼社⻑のレイナルド・アッシェリマン氏も彼⼥とともに登場し、数多くのゲストが“ゴールド・ナイト”に参加しことを喜び、「ゴールドは、達成と卓越を象徴した⾊です。そして、それらはオメガとオリンピックに共通している資質です。オメガハウスは、オメガのハイ・スタンダード(⾼い標準)を⽰す良い例であり、多くのゲストがこの場所を訪れて雰囲気を盛り上げてくれるのをとても嬉しく思います」と話しました。

“ゴールド・ナイト”では、⼤きなゴールドの球体やゴールドのラメが散りばめられたブラック・カーペットが会場をさらにきらびやかに演出し、選りすぐりのオメガのゴールドの時計がディスプレイ。

オメガにとって美しいゴールドは⾝近な存在。この貴重な素材、技術は、オメガでは⻑年にわたって使⽤されており、最近では、⾰新的でユニークなゴールドのバリエーションをいくつか発表されました。その中の1つは、18K セドナ™ ゴールドで、これはゴールド、銅、パラジウムの合⾦で、⻑年その輝きが失われない⾚みを帯びた⾊が特徴。そしてもう1つはセラゴールド™テクノロジーで、セラミック製部品に18K ゴールドの装飾を施すオメガ独⾃の技術。これにより魅⼒的なベゼルを製作することができるのだとか。

オメガハウスは、オメガによって運営される会員限定特別クラブで、オリンピック開催中オープン。イパネマビーチ沿いの「Casa de Cultura Laura Alvim 」を改装し、個性的なスタイルとテーマのイベントを開催。オメガハウスには、オメガにまつわる様々なテーマで彩られた各部屋の他、社交⽤のエリアやオリンピック競技をスクリーンで観戦する場所もあるのだそう。

スウォッチ グループ ジャパン オメガお客様センター Tel:03-5952-4400