ジョニー・デップ(53)が右手の指のタトゥーに修正を入れたと「TMZ」が報じています。

WENN.com/Zeta Image
jd201673_01
▲ジョニー・デップ。
ジョニーの右手の小指から人差し指には”SLIM”というアンバーのニックネームが刻まれていました。同サイトによると、ジョニーは昨年このタトゥーを入れ、その後アンバーと結婚したのだとか。

WENN.com/Zeta Image
jd201673_02
▲今年5月、LAで開催された『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』プレミアで。

WENN.com/Zeta Image
jd201673_03
▲この時はまだ”SLIM”。

ところが先日、パパラッチされたジョニーの右手の指は、LがCに、IがUに修正されていたことが明らかに。同サイトでは修正前と修正後の右手のアップが掲載されています。

”SCUM”とは人間のクズといった意味のスラングで、アンバーのことを指しているとしたら、かなり強烈なメッセージ。

過去にウィノナ・ライダーと交際していた時には"WinonaForever"とタトゥーを入れて、破局後に"WinoForever"に修正したと言われています。