25日、LAで開幕したスペシャルオリンピックス夏季世界大会の開会式に、アヴリル・ラヴィーン(30)が登場! この大会のために制作され、今年4月にリリースされた曲「Fly」をパフォーマンス。

WENN.com/Zeta Image
avrillavigne01
▲アヴリルがステージに復帰!
昨年末に体調不良を明かし、今年4月にライム病の闘病中であることを明かしたアヴリルは、先月、朝の情報番組「グッド・モーニング・アメリカ」に出演し、涙ながらに闘病生活を激白。

Newscom/Zeta Image
avrillavigne02
▲シンプルなドレススタイルで登場。

昨年10月は文字通り寝たきりで、当初はドクターたちにもライム病であることがわからず辛い思いをしたこと、でも今ではだいぶよくなってきたことを明かしていました。

そして、ついにステージで力強く歌えるまでに!



アヴリルはInstagramにパフォーマンス中の写真をアップして、再びステージに立てた喜びと感謝とともに「この曲は難しい状況に直面している人たちを勇気づけ、力づけたくて書きました」と綴っています。



ストレートのブロンドヘアもアイメイクも以前と変わらないアヴリル。元気になって本当によかったですね。

Decisions..... Dress fitting today for my first performance back in a year #SpecialOlympics #SpecialOlympicsOpeningCeremony

Avril Lavigneさん(@avrillavigne)が投稿した写真 -