23日、映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のジャパン・プレミアが行われ、スカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセン(26)とジョス・ウェドン監督(51)が登場しました!

avengers02
▲アイアンマン、エリザベス・オルセン、キャプテン・アメリカ。
シリーズ最新作となる映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』は、全世界46カ国でNo.1を記録した大ヒット作。人類滅亡の危機の前に、アイアンマンをはじめとする“最強チーム”アベンジャーズの愛のための闘いを描いた感動アクション巨編です。

avengers01
▲ドレスは「ディオール」。

エリザベスが演じているのは、アベンジャーズの新メンバー、スカーレット・ウィッチ。豪華メンバー揃いのアベンジャーズに加わることについて、緊張とワクワクする気持ちだったそうで、「日本のみなさんに、スカーレット・ウィッチというキャラクターを早く観てもらいたいです。スカーレット・ウィッチは愛、怒り、そして復讐心を心に抱いているキャラクター。彼女が今後、どう成長するか私も楽しみにしています」と役柄についてコメント。

avengers03
▲アイアンマンに笑顔。

ジョス・ウェドン監督は本作のテーマ「愛」について「アベンジャーズは全員がすごい力を持っていますが、ただ、力を持っているだけでは意味がありません。愛する人、社会のために戦う。それがすべてです」と語りました。

aveners10
▲ジョス・ウェドン監督。

ステージでは日本語吹き替えを担当した、竹中直人さん、米倉涼子さん、宮迫博之さんも登壇。

avengers15
▲ステージで全員集合。

エリザベスとウェドン監督はハッピをまとい、全員で鏡開き!

avengers13
▲世界最強!

最後に監督が「言いたいことは“楽しんで!”ということ。全力を尽くして作りましたので、今までで最高に楽しめる作品になっています。私たちは楽しんで作りましたので、みなさんも同じくらい楽しんでください!」と語り、イベントを締めくくりました。

avengers06

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』
7月4日(土)ロードショー
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン