現在、プリティー・レックレスの「ゴーイング・トゥー・ヘル」ツアー中のテイラー・モムセン(20)が、米男性誌『MAXIM』11月号にセクシーポーズで登場していることがわかりました。

『MAXIM』ホームページより
tay04
▲足もとのギターはミュージシャンだから?
かねてから露出度は高めのテイラーですが、ここでもブラ見せ、パンツ見せはあたりまえ。バスルームのシーンでは、トイレに座りパンツを下ろした状態で中指を立てるという、ビッチなポーズで大サービスです。

『MAXIM』ホームページより
tay02
▲鏡に赤リップでツアー告知。

そんなテイラーといえば、やはり代表作はドラマ『ゴシップガール』。アメリカでは昨年、放送終了していますが、今も彼女のファン層は10代の女の子がメインだそう。

『MAXIM』ホームページより
tay01
▲シャウト中。

そのため『Hollywoodlife.com』によると、プリティー・レックレスのコンサートで、観客の親が子どもに見せるには不適切だからと警察を呼ぶという騒ぎが起きたことをテイラーは語り、ミュージシャンとしてちゃんと扱ってもらえないのでは、という不安も吐露しているとか。

大ヒットドラマのおかげで一躍人気者になったテイラーですが、そのイメージから脱却するのも大変なようです。