グリム童話の「白雪姫」をベースにしたアクション・アドベンチャー超大作『スノーホワイト』は6月15日より日本公開。それに先がけ、悪の女王ラヴェンナを演じたシャーリーズ・セロンとルパート・サンダース監督が来日!!

本日、ラヴェンナ女王の声優を担当した小雪さん、白雪姫を守る“ハンター”の声優を担当した椎名桔平さんとともにレッドカーペットイベントに登場しました。

snowwhite03
▲レッドカーペットには森をイメージしたセットが用意。
映画の中ではゴージャスなドレス姿を披露しているシャーリーズですが、今日は黒いレザーのワンピース。レッドカーペットの後、4人はステージに登壇しミニミニトークが行われました。
snowwhite04

MC:一言ずつご挨拶をお願いいたします。
ルパート・サンダース監督:こんにちは、『スノーホワイト』の監督を務めました。よろしくお願いいたします。
小雪:こんにちは。シャーリーズ・セロンさんという偉大な女優さんのアフレコは大変なプレッシャーでした。彼女のほかの作品も観ていますが、今回はとても喜怒哀楽のあるキャラクターで、やりがいがありました。英語のセリフを日本語でやるという微妙なニュアンスの違いも楽しみました。
シャーリーズ・セロン:また日本に戻って来れてうれしく思います。みなさんが温かく歓迎してくれました。小雪さん、私の日本語吹替えをやってくれてありがとう!
椎名桔平:すばらしい映像と芝居で、洋画のアフレコは初めてでしたが、あたかもこの映画に出ているように感じてしまいました。シャーリーズさんは、映画『モンスター』を観てすごい女優さんだと思って、その後、他作品も観て本当にきれいな女優さんなんだと思いました。お会いできて光栄です。

snowwhite02MC:この作品のいちばんの見どころは?
シャーリーズ・セロン:私が惚れ込んだのは、誰もが知っている古典的な童話をまったく違う形で描いているところです。ビジュアルがとにかく素晴しいし、スケールも大きく、ストーリーも感動できます!
MC:女王は怖いイメージですが、実際にシャーリーズ・セロンにお会いしていかがですか?
小雪:怖いという一言では表せない役だと思います。美しさ、脆さに弱さなど、本作には女王の人生が描かれています。深い話なので、子どもから大人まで楽しめると思います。実際のシャーリーズさんは、本当に多才な方! 女優としても女性としても尊敬できる方です。

snowwhite06MC:久しぶりの来日とのことですが、日本食で何か食べましたか?
シャーリーズ・セロン:まず、うどんを食べました。アジア系の料理が好きなので、日本に来たい理由のひとつが食べ物です!
MC:明日は金環日食ですが、見られますか?
シャーリーズ・セロン:次回見ます!(笑)
MC:東京では、明朝7時半ごろに見られるそうですよ。
シャーリーズ・セロン:その時間なら起きているから見られるかも! 今日も朝3時に起きてしまって・・・。
MC:明日の天気は曇りのようなんですが・・・
シャーリーズ・セロン:(今回、魔女役なので)魔法で晴れにしてあげるわ!まかせて!
MC:ほかのみなさんはいかがですか?
小雪:楽しみにしています。育児で忙しいけれど、ぜひ見たいです。
ルパート・サンダース監督:以前、イギリスで見たんですよ。非日常的な体験でした! 今回もぜひ見たい!このようなシュールな体験は、アーティストとして作品に生かしていきたいね。
椎名桔平:天体には興味はないんだけど、今回は見たいですね(笑)。

snowwhite05MC:最後に、代表をして監督より日本のファンへメッセージをお願いします。
ルパート・サンダース監督:本作は日本のみなさんに魅力的に感じてもらえる作品になっているはずです! 魔法やファンタジー、格闘シーンなど、文化的に受け入れてくれる土壌が日本にはあると思います。大作でありながら、感情面も豊かに描かれていてメッセージ性も高く、何百年も語り継がれるこの物語を、今の人たちに受け入れてもらえる作品に仕上げることができました。よろしくお願いいたします。

STORY
ある王国。マグナス王が死んで、女王ラヴェンナの統治に変わると平和な国は荒廃し、世は乱れていった。女王は永遠の美と若さに執着し、毎日鏡を眺めてはこう問いかけていた。
「鏡よ、鏡。この世でいちばん美しいのは誰?」
「もちろん女王様です」
しかし、ある日、鏡はこう言った。「この世でいちばん美しいのは女王様ですが、やがてあなたよりも
美しい娘が現れます。その時、娘の心臓を食べれば、あなたは永遠の美と若さを手に入れ、不死身となるでしょう」
その娘が自分の継娘スノーホワイトと知った女王は、彼女を城の塔へ閉じ込め、時が熟するのを待った。7年後、ついにその時が来る。ところが、スノーホワイトは塔から脱出を図り、深い森の奥へとひとり逃げ込んだ。女王は森に詳しいハンターのエリックを雇い、何が何でもスノーホワイトを捕えるように命じるのだった…。


映画の中のラヴェンナ女王も美しいのですが、シャーリーズ本人もスーパーキレイでビックリ!! 『モンスター』のときとは本当に別人のようでした。映画は戦う白雪姫の姿がとっても新鮮なので、ぜひ!!

『スノーホワイト』
6月15日(金)TOHOシネマズ 日劇他、全国ロードショー
配給:東宝東和
公式サイト


(makiko)